オンライン 体の観察ワークショップ&実験作りワークショップ

今日は二つのワークショップのお誘いです。どちらでも、ご興味のある方に参加してくださったら嬉しいです。 

1)体の観察ワークショップ 

こちら締め切りました。申し込みありがとうございました!

私は体を観察することからダンス作品を作る活動をしてきました。体を観察する、と言っても、解剖学的、科学的な視点というよりは、むしろ内観的な方法で行います。内観的に体に目を向けるのは、時にはちょっと怖い、と感じることもありますが、それ以上に好奇心を掻き立てられるような様々な発見があって、私にとってはとても楽しくなっていきました。自分で自分を救うことができる面白い方法だと感じます。そんな意味での体の観察にご興味のある方、あるいは慢性的な不調で悩んでいる方、よかったらこのオンラインワークショップを受講してみませんか?

私は、オンラインでのワークショップや公演はどちらかというとちょっと苦手です。できれば同じ空間で一人一人と向き合いたい。でも、今何人かの友人が体や心の慢性的な不調でちょっと悩んでいる姿を見て、私でできることがあったら、という気持ちに掻き立てられました。

まず、スカイプとかズームなどで、顔を見て話をしながら、どんな方法で体を観察するか一緒に話し合います。観察そのものは一度オフラインにして行います。そのあと、またオンラインでそれをシェアし、もう一度オフラインにして観察する、そんな感じで、オンラインとオフラインを組み合わせて体との向き合いをシェアしてみましょう。

日時:週に1回くらいまずは一対一でやってみましょう。約1時間〜90分。メールやメッセージで予定を合わせ、日時を決めましょう。折を見てグループでいろいろシェアする方法も模索します。

料金:インターネットでの課金方法はちょっと難しくて面倒臭いので、一ヶ月(4回くらい)に一度、郵送にて物品を送っていただくというのはいかがでしょうか?何か体に良いものなど。選ぶのが面倒でしたら、塩、味噌、醤油、乾物、などなど、何か決めて同じものを毎回送ってくださっても結構です。目安としては500円〜1000円くらい。

申し込み:フェイスブックメッセージまたはメールで

natsukote(あっと)gmail.com

*(あっと)は@に変更してください。

プロフィール、過去作品など活動はこちらのホームページをご覧ください。https://natsukote.wixsite.com/mysite


2)「合意のでっちあげ」に関する実験作りワークショップ

ノーム・チョムスキー著「メディア・コントロール 正義なき民主主義と国際社会」という本の中にある「合意のでっちあげ」という言葉にピンときました。現在、この「合意のでっちあげ」はさらに「みんなで(団結して)反発しているように思わせながら結果的にみんな従っている」という新しい手法にグレードアップしているように見えます。私は今まで自分が行ってきた実験作りの経験を生かして、このことを実験に落とし込んでみたいと思うようになりました。こういった、ハードコアな世の中への向き合いは胃がキリキリして命がいくつあっても足り無いのでもういいかげんやめたいと思っていました。もっと楽しい方向で何かやりたいと心底思っていたのですが、自分の中の訳のわから無い情熱が今突然腹の底から喚き始めて自分を止めることができません。すみません。ご興味のある方がいらっしゃったら、一緒に実験作りに参加しませんか?

進め方

「合意のでっちあげ」に関する実験作りワークショップは、どうやって進めるかまだかなり曖昧なところがありますが、今考えていることは
1)「合意のでっちあげ」とは何かということを共有する。
(簡単に言うと、世間の・社会全体の共有認識、とされていることが、本当の現実からズレて作られる経緯です。)
2)実験をつくるとはどういうことか?について共有するために、まずは簡単な実験作りのワークショップを行います。この段階でのテーマは自由です。
3)参加者それぞれが自分が「同意のでっちあげ」に知らないうちに巻き込まれてた、と思った記憶について書く、あるいは話す。
4)自分からみて、だれかが「同意のでっちあげ」に巻き込まれてるなあと思った経験について書く、話す。
5)グループ分けをして、そこにどんな構造があるか探る。

6)グループごとに実験をつくる(オンライン上、あるいは近隣地域の方が対面でワークをしていただくのもありです。)
このような感じです。ただし、順番や手順はこの通りではないかもしれません。みなさんの受け取り方や興味に合わせて臨機応変に行っていきます。それぞれ、信じているナラティブの違いがあり、感じ方、考え方の違いがあっても良くて、それを否定し合わずに実験作りができたらとても嬉しいです。つまり、手塚がどう考えているか、ブログなどでご存知の方もいらっしゃると思いますが、全く異なる感じ方、意見を持っている方でも、もちろん参加が可能です。実験に至るそのプロセスはそれなりにハードになる可能性もあります。きついなあと思ったら無理せず、遠目から応援する感じに移行してもらって大丈夫です。個別に説明聞きたい、あるいは自分なりの興味ポイントを説明したいという方はいつでもご連絡ください。

説明会

3月に説明会を行います。以下の中でご都合の良い日時を選んでご希望をお知らせください。また、どれも難しい場合は、個別、または予定の合う方のグループで別の日を設定いたします。

オンラインでの説明会

日時:3月8日(火)16:00-17:30(オンライン)または、10日(木)16:00-17:30(オンライン)

追加で3月9日(水)20:30-22:00(オンライン)

対面での説明会

3月11日(金) 14:00-16:00

場所 そろそろ旅にでますか(糸島)

対面での説明会は糸島の予定です。場所が確定したら申し込みいただいた方にお知らせします。

料金:基本的に無料です。もし、いつかこの実験を発表する流れになったら、共同主催的に関わっていただけたらうれしいです。

申し込み:フェイスブックメッセージまたはメールでご希望の日時をお知らせください。

natsukote(あっと)gmail.com

*(あっと)は@に変更してください。

※参考までに、2018年にFloating Bottleというユニットの一人としてある実験を作りました。以下は2019年にそれを再演した映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=sVxwbljT2c0




手塚夏子ワークショップ〜身体や関わりを観察してインストラクションを作る

今年もSTスポットでのワークショップを行う季節がやってきました。
今年のワークショップでは、身体を観察することをベースにしてインストラクションを作成してみます。身体を観察するということは、外からみてどう見えるかではなく、身体に耳を傾けじっくり感じてみるということを指します。それによって今まで知らなかった自分の身体の様々な要素を見つけることは驚きに満ちています。また、言葉で身体への指示を書いてみます。例えば、どこに意識を向けるとか、あるいは身体の一部を何かに見立てたりというような内容です。それぞれの身体はどのような指示でどんな風に感じるか、人によっての違いや自分の中の反応の可能性を見つけます。また、言葉と身体の関係を見出し、その深さを実感してみます。
日時:
7月22日(月)
①15:00~16:30 体の地図を描いて体を観察する
②19:00~20:30  様々な方法を使って体を観察する
7月23日(火)
③15:00~16:30 人との関わりにおける体を観察する
④19:00~20:30 インストラクションを作成し、それに身を委ねる
料金:
各回 2,000円
4回通し 7,500円
見学 500円
場所:STスポット
申し込み:
名前、参加希望日時、ワークショップの参加方法(受講or見学)、連絡先
を明記の上 natsukote[a]gmail.com(手塚) までメールにてお申込みください。
※[a]を@に変換して送信ください。
手塚夏子プロフィール:
ダンサー、振付家。01年より自身の体を観察する『私的解剖実験シリーズ』始動。体の観察から、関わりの観察へと移行しつつ12年までに同シリーズ6作品に突入。
また、自分自身がいったい何の上に立っているのか?という問いに向き合い、民俗芸能の調査に熱中するようになる。
18年からもうひとつの活動拠点としてベルリンでも活動を始めている。
主催:手塚夏子
共催:STスポット

Floating Bottle Project 『点にダイブする』再演と検証の2日間

2019年7月24日(水)・7月25日(木)
昨年KYOTO EXPERIMENT2018において上演されたFloating Bottle Project「点にダイブする」を、超小規模に再演し、翌日すぐに検証します。基本的に、再演と検証を共に参加できる方を募集いたします。
この作品は観客と作家が一緒に実験に参加して、そこで起きる事や自分自身をそれぞれが観察し、フィードバックを交換し合うというものです。
1日目はその実験を行い、フィードバックを共有します。2日目はそれを元にディスカッションをし、それぞれが意見を出し合って実験を改良します。
最後にもう一度改良された実験を行います。会場の関係で参加上限人数は12人です。
「実験」およびFloating Bottle Projectについて
このプロジェクトは、スリランカのアーティストVenuri Pereraと韓国のアーティストYeongRan Suhと手塚夏子の3人で2016年から行われているものです。アジアにとっての西洋近代化とはなんであったか?というテーマを元に議論したり民俗芸能を一緒に調査し、作品を製作しています。
昨年は、民俗芸能と現代の自分たちが繋がっていないように感じるのはなぜか?といった疑問を共有し、その仮説の一つとして「高いところから見る一つの固定された視点から線が次々に引かれ、その線引きのシステムの中で生きることになったのではないか?」という仮説を立て、それを実験に落とし込みました。そしてKYOTO EXPERIMENT2018にてVenuriと手塚が参加し、今年は韓国において、手塚とYeongRanの2人が実験を行います。
今回のこの会はSTスポットにおいて手塚のみが参加します。
[Floating Bottle Project] https://natsukote.wixsite.com/mysite-1

日程:
7月24日(水)19:30~21:30 実験およびフィードバックの共有
7月25日(木)11:00~21:30 検証および実験の推敲(休憩を適宜入れながら行います)
定員:12名(先着順)
参加費:500円
(実験に使用する小道具などに使用します)
場所:STスポット
申し込み:
お名前・ご連絡先を明記の上 natsukote[a]gmail.com(手塚) までメールにてお申込みください。
なお、定員になり次第締め切らせていただきます。
※[a]を@に変換して送信ください。
注意事項:
両日とも記録用の映像収録を行います。なにとぞご了承ください。
主催:Floating Bottle(手塚夏子)
共催:STスポット
助成:

Chaos but Flow @ Berlin


10月 13日(土)にベルリンのURBANRAUMにてパフォーマンスをやります。今までやってきたことが根底からリセットされて、一度空っぽになってベルリンの町でやり直している、というような、途方に暮れている感じそのままで、一度パフォーマンスの場所に立ち尽くしてみようと思っています。私のベルリンでの初めの一歩、という感じ。観察の視点の持ち方が、今までと少し違うし、方向性も違うけど、もしかして当たり前のこと、ありきたりのことを、しようとしているのかもしれないけれど、私にとっては新しい可能性の一つとして。
Wander
何か 急がなければいけないような気がして
空っぽの平野を 歩いて
歩いて、歩いて、歩いても、目的地はなく
ところどころに様々な人々の生きざまが見える
剝き出しのおろかさ、葛藤、おかしみ、慈しみ、
ひとときの憩い、夢想
漂う思いが浮かび上がる、いとおしい生々しい生きざまが
その森を分け入って、私も自分の迷いの多い歩みを
続ける、続ける 続ける
} Wander {
by Natsuko Tezuka

Even the next room can not be found Unstable days
Walking in an empty plain
I have the feeling I have to hurry up for something
Walking, walking, walking, there is no destination
On each place I can see the lives of various people
No hidden foolishness, conflict, funny behavior, mercy, restful moments, dreams
The feeling drifts up, an alluring and life-like life
Let's dive in to that forest and make my own step with stray
Continue, continue and continue

I live in Berlin since just a few months. People in Berlin do not get tired of seeing it. Everyone lives a life-size life in their honesty while struggling. I would like to observe that and try out what kind of waves will happen to me.

Dance & choreography: Natsuko Tezuka

///
13. Oktober, 19.30
URBANRAUM, Urbanstraße 93, 10967 Berlin
www.urbanraum.com

Eintritt: 
7-14 Euro (sliding scale), für BerlinPass-Besitzer*innen: 5 Euro
Reservierung: info@urbanraum.com

‘The Line That Fools’
by Charlotte Pauwelyn

A collision.
A body lying on the ground, an effect of gravitation.
What was the cause that made me fall?
I get up.
I stand in the middle.
Do I?
What's the reference?
I want to move on, I make a choice, at least I call it a choice.
The way I go isn't as linear as I tent to make it. Some frame must make me move this way.
I dream away, a vague realisation there could be more to it. If only I could change the roles and move that frame...
Because - because of - despite - thanks to?

Concept, Choreography, Performance, Sound composition: Charlotte Pauwelyn
Outside eye and ear: Camille Käse, Meltem Nill, Milla Koistinen, Tomomi Adachi
Voices: Evan Foster, Zeno Mainardi, Deirdrem Tunney, Charlotte Pauwelyn
Sound mixing assistance: Ricardo Talaio, Zeno Mainardi, Ememe

///